老けない顔のつくり方 | 見た目年齢-10歳を目指すキレイ術

美肌のためのサプリメント利用方法【肌悩み別】

How to make dandruff not face.

老けない顔のつくり方TOP > 老けないための食生活 > サプリメントの利用方法【肌悩み別】

ベースになるのはタンパク質・ビタミンC・鉄

ベースとなるとのはタンパク質・ビタミンC・鉄

悩み別のおすすめサプリメントを紹介する前に、美肌にとってベースとなるタンパク質・ビタミンC・鉄についてちょこっと紹介しておきます。

タンパク質の重要性については、「動物性タンパク質とオメガ系オイルを摂取する」でお話したので、詳細は省きますが、 肌の材料になるものなので、不足してしまうと困るものです。

ビタミンCというのは美肌ビタミンといわれるようにあらゆる肌悩みに対して有効性があるのは有名ですよね。 コラーゲンの合成にも不可欠ですし、抗酸化成分として肌を酸化ダメージから守ってくれます。

鉄は女性であれば貧血対策に必要なことからもわかるようにヘモグロビン不足に直結します。細胞まで酸素や栄養素が運べなくなってしまうので、当然、肌にも影響がでてしまいます。

● タンパク質・・・カロリーを気にして不足気味。1日50g摂取するのは実は大変
● ビタミンC・・・ストレス、飲酒、喫煙で大量に消費されてしまう
● 鉄・・・生理があるため女性は常に不足気味

食事による栄養素の摂取の重要性はわかっていてもなかなか美肌に必要な摂取量を確保できないというのがほとんどの人にとっては現実だと思います。 なので、ベースはもちろん食事ですが、サプリメントもあればあったで便利だと思います。

タンパク質・ビタミンC・鉄、それぞれのサプリを選ぶときのポイントですが、タンパク質はアミノ酸スコアが高く、メチオニンというアミノ酸が含有されているものを選ぶのがコツです。 メチオニンというのは開始アミノ酸というもので、これがないと肌や髪を作る合成がはじまりません。

ビタミンCは医薬品として売っているものが安いのでおすすめ。鉄は吸収率の高い動物性ヘム鉄がいいと思います。

肌悩みに合わせて摂取したいサプリメント(=栄養素)一覧

ベースとなる栄養素に肌悩みに合わせた栄養素をプラスしてみましょう。


① 乾燥

肌の水分保持力を高めてくれるように働く有効成分はいろいろあります。コラーゲン、ヒアルロン酸、N-アセチルグルコサミン(NAG)セラミドなどが有名。 また、油分不足を解消するのも肌の保湿力を高めるためには必要なことで、月見草油、亜麻仁油の摂取が効果あり。皮脂バランスを保ってくれます。



② ハリ・弾力

摂取したコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンになるということはないんですが、血液にのって真皮の繊維芽細胞まで到達したコラーゲンペプチドが 繊維芽細胞を活性化させるシグナルを送り、結果として肌のコラーゲンやエラスチンの産生量が増えてハリ・弾力アップという効果が期待できます。 目安となるのは1日5gのコラーゲンです。食事からは平均して2g摂取しているので、残り3gをサプリで補いましょう。



③ たるみ

コラーゲンはもちろん効果的なんですが、さらに付け加えたいのがコンドロイチンかその前駆体となるグルコサミンです。 肌の弾力やうるおいを保つうえでは欠かせない成分ですが、40代以降は体内での合成力が弱まってしまうので、たるみに影響します。



④ シミ・くすみ

メラニン生成を抑制し、できてしまったシミを還元する作用もあるビタミンCを積極に摂取しましょう。また、ビタミンCの抗酸化作用を補完するなど、 相乗効果もあることからビタミンEも一緒に摂取したほうがいいです。また、くすみ対策にも影響してきますが、肌のターンオーバーを促すためには、 ビタミンAが有効。ビタミンA・C・E(エース)を摂取して透明感ある肌を手に入れましょう。


「老けないための食生活」その他メニュー